頑張っても うまくいかない

大人になってから、「 大人 の ADHD 注意欠陥/多動性障害なのかもしれない」と思う人が 多く存在します。注意欠陥・多動性障害は多動性、不注意、衝動性などの症状を特徴とする発達障害は、小さいときは、落ち着きがない 集中力が無い などと レッテルを 張られた子でも 年齢が上がるにつれ 「多動(落ち着きがなくイライラしているように見える)」の症状は、目立たなくなります。そのため 生まれ持っての性質は 変わっていないのに 成人後は、社会に適応している状態といえます。大人のADHDに気づいても 専門の医療機関が 少なく衝動性や 不注意を和らげ 集中力が増す 治療薬の使用にも 制限が あります。日本では、成人のADHDの薬が 承認されていないからです。
18歳未満の 子どもには、コンサータ Concerta と アトモキセチン塩酸塩製剤(商品名「ストラテラ」)が承認されており・・過去には、リタリン メチルフェニデート (Methylphenidate, MPH)
使用されてきましたが、塩酸メチルフェニデートは覚醒剤として機能し長期摂取による依存性や副作用が懸念されています。17才までに ADHDと診断されていれば 18歳以降も「継続使用」は、可能です。


 

頑張ってもうまくいかないエントリー一覧